会社沿革

会社沿革

昭和48年 4月 杉田直幸が個人経営をもって上越ハイキーを設立
(一般廃棄物の収集運搬を業務とする)
昭和53年 4月 有限会社に組織を変更し有限会社上越ハイキーとなる
昭和54年 9月 産業廃棄物処理業の許可を受ける
(産業廃棄物の収集運搬を始める)
昭和59年12月 産業廃棄物の中間処理施設設置
(廃プラスチックの破砕溶融処理を始める)
平成 3年 9月 産業廃棄物の中間処理施設設置
(木くず・紙くず・廃プラスチック・廃油・繊維くず・動植物性残さの焼却処理を始める)
平成15年 5月 産業廃棄物の中間処理施設設置
(木くず・紙くず・金属くず・カラスくず・コンクリート及び陶磁器くず ・かれき類の破砕処理を始める)
平成17年 4月 産業廃棄物の中間処理施設設置(破砕施設)
(繊維くずの追加)
平成17年10月 産業廃棄物の中間処理施設設置(破砕・溶融施設)
(廃プラスチック類(発砲スチロール)の追加)
平成19年 5月 産業廃棄物の中間処理施設設置
(木くず・紙くず・金属くず・カラスくず・コンクリート及び陶磁器くず・繊維くずの破砕処理を増設)
平成22年10月 産業廃棄物の中間処理施設設置 (福橋工場)
(木くず・紙くず・金属くず・カラスくず・コンクリート及び陶磁器くず ・繊維くずの破砕処理を始める)

PAGE TOP